院内安全対策

院内環境を整え患者さんに安心を届ける

歯科治療は、治療器具に患者さんの唾液や血液が付着し、削った歯の細かい破片が飛び散るなど、非常に不衛生な状態になりがちです。そのままでは、二次感染を引き起こすリスクが高まり、別の患者さんやスタッフが様々な病気にかかることも考えられます。

大木歯科クリニックでは、院内感染防止対策を徹底。当院独自の様々なプロセスを通じた滅菌で、患者さんに安心していただける治療のご提供を日々心がけております。

当クリニックは『滅菌』をこのように考えています

様々な専用機器などの設備を充実させても、正しい方法で処理をしなければ、患者さんに安心を届けられる滅菌対策ができているとは言えません。
当クリニックは、滅菌の手順や機器の使用のミスが起こらぬよう、正しい知識や技術の習得を目的にしたスタッフの教育を徹底し、十分な管理体制で治療器具の滅菌・消毒を行っております。

うがい用コップやエプロン、患者さんのお口に直接触れるスタッフの手袋なども、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)を使用。患者さんごとに必ず新品の物と交換をしてから、治療を始めています。当クリニックは院内の衛生環境を整え、滅菌対策に努めております。

当クリニックが使用する滅菌機器について

  • ウォッシャーディスインフェクター

    医療先進国ヨーロッパ規格 ドイツ ミーレ社製ウォッシャーディスインフェクターを導入。再使用医療機器の再生処理用洗浄装置として、安定した洗浄・熱消毒工程を実現します。

  • 高圧蒸気滅菌器 オートクレーブ

    器内を高温高圧の飽和水蒸気で満たし、細菌やウイルスなどを死滅させます。

ページトップへ